Jetloops International Ver.

jetloops.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2004年 09月 12日

麺処 田ぶし@高円寺

高円寺には古着を求め月1で買い物に行っている。やはり渋谷や恵比寿よりは安いし、最近は年代モノを重点に置く店も増え始め、のんびりと半日かけて回れるからお薦めだ。そして昼飯には、ここ田ぶしがダントツにお薦めである。高円寺駅から歩いて2分強。飲食店に挟まれている小道にポツンとあるのだが、異彩を放っているのは間違いない。

b0006909_156693.jpg


店内に入るとすぐ右に食券機があり購入する。オーダーしたのは、らーめん(¥780)+味玉(¥100)+麦飯(¥?)。画像では濃厚魚介のみの醤油スープに見えるが、それは表面だけで下は白濁のとんこつスープ。このWスープのバランスが絶妙で、また濃厚なわりにはとんこつ臭さがまったくなく店主の仕事ぶりには脱帽する。麺もスープが纏わりつくために中太を使用。またこの和スープに麦飯がマッチする。少し口に残る魚介味が、麦独特のテイストと交錯し、胃袋に落ちていくのだ。ここを来店した際には、「麦飯」存在の重要さを理解するだろう。
田ぶしにはつけ麺もあるのだが、こっちはいまいち。酸味が異様に効いていて、更に魚介味も強く主張してしまっているので、尖がってる同士でまとまりがない。大体麺自体がつけ麺に向いていない事情があるので、発想自体を変えなければ美味しいのが出来ないだろう。やはり店主の重点はらーめんに置いていて、つけ麺は二の次と考えているのだろうか…。
[PR]

by junyasilas | 2004-09-12 15:04 | 麺's
2004年 09月 02日

中華そば つしま@浅草

足立区環七沿いに田中商店という有名な博多ラーメンの店があり、そこの店主が出した2nd
のお店に当たるこのつしまは、中華料理屋が多い下町浅草の中で営業している。

b0006909_1674075.jpg


もちろん田中商店の博多ラーメンらしくトンコツベースだが、魚介と野菜の甘さがうまくブレンドされているアイデア満載のラーメンである。今回注文したのは、中華そば(¥650)+手羽先(¥150)。
麺が中太麺でもっちりしていて食べ応えがある。またチャーシューがどんぶり三分の一を占め、しかもジューシーで美味しい。好みでテーブルに置いてあるからし高菜を入れて食べれば2度楽しめる仕組みになっているが、とても辛いので入れすぎには注意。店内の張り紙にも薦めてある通りに、残ったスープにごはんを落としておじやにすれば3度楽しめる。手羽先は限定数があるため早めになくなってしまうが、ラーメンが出来る前に頂けるので、小鉢感覚のオードブルとして楽しめる。つわものは手羽先もラーメンに入れて4度楽しむのかも…。
それにしても食べ方は色々あって面白いかもしれないが、ラーメンのみで考えると、自家製麺にするなどステップアップを図って欲しい。スープが奥深く調和されているのに、特徴のない麺はもったいなさすぎる。またカウンターはただでさえ狭いのに、水のポットとコップやれんげの入れ物、さらに高菜などが置いてあり、また席間隔が狭く窮屈に感じるので少し配慮が欲しいところである。
[PR]

by junyasilas | 2004-09-02 16:05 | 麺's