Jetloops International Ver.

jetloops.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 27日

麺舗十六@要町・池袋

今回は私的支持No.1の店、十六!「最強のラーメン307軒2002(講談社週刊現代)」で新店ながらも大々的に紹介され注目を浴びた店である。私は雑誌以前から通っていたので、本で紹介されてからは、1時間以上の行列ができ、うれしくもあり悲しくもあったのは事実。
池袋の雑踏から少し離れた閑静な場所にたたずむ店にも拘らず、圧倒的な存在感と異彩を放つ店である。自家製麺の店をたいていは食べ歩いた店主の古川氏が、自信を持って作る十六madeの麺は、180g(一般的量)~400g以上(多め)までなら値段は同額で客を惹きつける。現在はブーム的なものも去り、また多少値段が上がったせいか、長くても30分待ち位で入店できる。

b0006909_18424713.jpg


今回食したのは、というか、毎回同じものしか頼まなくなってしまったが、つけそば多め+肉(チャーシュー)+味付け玉子+めんま(¥1000)。ひとまず麺だけを一本すすってみると、口にホワッと粉の香りが広がる。また、太麺にはコシと弾力感があり、噛む度に麺が口中で踊ると表現しようか、これは食した人にしか分からない感覚である。つけ汁は少し酸味のある濃い醤油風味で、麺をどっぷり浸し、箸で上げると大量に入っている薬味が麺に付着し交わり、和音を奏でるのだ。
また食べ終えた後にスープ割りをしてもらう事必至(※スープ割り=つけ麺はつけ汁がラーメンより濃く出来てるので、麺を食べ終えた後そのつけ汁にスープを注いでもらうことで、つけ麺全てを堪能出来るようになる。蕎麦湯みたいなもの。出来ない店もあるので注意)。魚だしの黄金のスープをカウンター台で注いでもらえば、一片して自分は日本人で良かったと感じてしまうほどの「和」テイストの一品。底に沈んでいる肉をよそりながら、全て堪能、食事中常に圧巻間違いなし。
隣が食べている麺の量に退いて、少なめに頼んだりしたら、後の祭…。なぜならこの麺とこのつけ汁があれば、時間も忘れて食に没頭できる。多めに頼んでも、もう食べ終えてしまった…、うまかった…、また来よう…、夫婦二人三脚で一生懸命に私達を出迎えてくれる暖かい真心が更にそう感じさせてくれる店、麺舗十六なのである。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-27 18:40 | 麺's
2004年 08月 26日

NIRVANA part.3

To Boddah pronounced.

Speaking from the tongue of an experienced simpleton who obviously would rather be an emasculated, infantile camplainee. This note should be pretty easy to understand. All the warnings from the punk rock 101 courses over the years. Since my first introduction to the, shall we say, ethics involved with independence and the embracement of your community has proven to be very true. I haven't felt the exitement of listening to as well as creating music along with reading and writing for too many years now. I feel guilty beyond words about these things. For example when we're backstage and the lights go out and the manic roar of the crowd begins it doesn't affect the way in which it did for Freddy Mercury who seemed to love and relish in the love and adoration from the crowd. Which is something I totally admire and envy. The fact is I can't fool you. Any one of you. It simply isn't fair to you or me. The worst crime I can think of would be to put people off by faking it and pretending as if I'm having 100 % fun. Sometimes I feel as if I should have a punch in time clock before I walk out on stage. I've tried everything within my power to appreciate it, and I do. God, believe me I do but it's not enough.

b0006909_23435669.jpg


I appreciate the fact that I and we have affected and entertained a lot of people. I must be one of one of those narcissists who only appreciate things when they're gone. I'm too sensitive. I need to be slightly numb in order to regain the enthusiasm I once had as a child. On our last three tours I've had a much better appreciation for all the people I've known personally and as fans of our music, but I still can't get over the frustration, the guilt and empathy I have for everyone. There's good in all of us and I think I simply love people too much. So much that it makes me feel too fucking sad. The sad little, sensitive, unappreciative, pisces Jesus man! Why don't you just enjoy it? I don't know. I have a goddess of a wife who sweats ambition and empathy and a daughter who reminds me too much of what I used to be.

Full of love and joy kissing every person she meets because everyone is good and will do her no harm. And that terrifies me to the point to where I can barely function. I can't stand the thought of Frances becoming the miserable self-destructive, death rocker that I've become. I have it good, very good, and I'm grateful, but since the age of seven I've become hateful towards all humans in general. Only because it seems so easy for people to get along, and have empathy. Empathy! Only because I love and feel for people too much I guess. Thank you all from the pit of my burning nauseous stomach for your letters and concern during the past years. I'm too much of an erratic, moody baby! I don't have the passion anymore and so remember, its better to burn out than to fade away. Peace, love, empathy. Kurt Cobain.

Frances and Courtney, I'll be at your alter.

Please keep going Courtney.

For Frances,

For her life which will be so much happier without me. I Love you. I love you!
[PR]

by junyasilas | 2004-08-26 23:48 | Music
2004年 08月 26日

麺食堂げんき@池袋

今年7月1日にオープンの知らせを聞いて以来、付近には寄れず行くチャンスになかなか恵まれなかったが、本日友達とのミーティングがあり、それを兼ねて昼過ぎに訪ねてみた。
ここに来てみたかった理由は2つあった。
ひとつめは、かなり近くに麺屋ごとう(大勝軒@東池袋の暖簾分け)という池袋西口では一番並ぶ店があるのを分かっていて出店する事から、さぞかし味に自信があるのだと推測出来たこと。
ふたつめは、以前この場所には別名のラーメン屋があって、鯛で取るスープを基調にしたラーメンを提供していた店があったのだが、店長の不謹慎な行為が発覚し閉店していった。そしてその後釜のラーメン屋ということで少し興味が沸いていたのだった。

13時頃店を訪れた。First Impactは、以前の店と内装が似てる…、というか一緒じゃないか…という事実。店内には多分近隣の立教生だろう2人組が食していたが、この時間にしては少なすぎる。ちなみに麺屋ごとうには15人並んでいた。入り口そばの食券機での先払いだったが、如何せん麺類、ごはん類、トッピング類、ドリンク類全てが食券機での購入のため、20以上のボタンにメニュー表示がされていて、特に色分けもされていないので、分かりづらさ100点満点であった。(更に手書きのコメントが甲子園球場のツタのように食券機自体に貼られていて、予想では1日に何人かはそのコメントを押す人がいそうだなぁ~とも思った。)

b0006909_1371429.jpg


頼んだのは、つけ麺大盛り330g(¥650)+焼豚小丼(¥150※通常は¥250)。つけ麺は量が3段階で選べて、全て同値段だった。ちなみに中盛り(220g)、大盛り(330g)、げんき盛り(440g)と表示されていた。分厚いチャーシューは肉と脂身の部分のバランスがよく、また分厚くスライスされているので食べ応えがあった。多少私には柔らかめに感じたが、麺はもちもち感を出すため多少太めの裁断部分が四角い麺。四角だと丸い麺より対角線の長さが長くなるため、その分麺のコシになってくれている。そして、問題はスープである。異様に甘い…。店内に置いてある材料から判断出来るし、もちろん一口目の味覚からも色々な魚節をブレンドしたスープになってはいるのは理解できるが、調味を工夫してほしかった。分かりやすく言うのなら、にんべんのつゆにチョチョイと手を加えた程度…。色々使っても美味しいものが出来ないという典型例であろう。
焼豚小丼は期間限定値段であったにしろ、通常値段でも頼むべき一品である。これは文句なし。ラーメンの引き立て役は完璧だったから、余計に少し残念であった。今度チャンスがあったらラーメンも食べてみたいと思ったのは、この店の値段が池袋にしては比較的良心的手頃値段であるという事からであった。

ちなみに調べたところ、犯罪を犯してしまった以前の店と経営母体は同じだそうだ…。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-26 01:35 | 麺's
2004年 08月 20日

日の出食堂@杉並区本天沼

昔TBSのガチンコ!という番組の一企画で、ラーメン道というのがあった。それに出場していた井上洋介氏のお店である。以前は深夜2時まで営業していて、行きやすかったのでよく訪れていた一店であった。最近ではこちらに用がなく、久しぶりの来店だったので期待に胸を膨らませた。
しかし店構えを見て俄然とした。以前はショットバーを思わせるほどに黒を基調にした大人なラーメン屋で、店内もブラックライトで大人しく照らされ、メニューもホワイトボードならぬブラックボードに蛍光ペンで書かれたものであったのに対し、現在はドアを開けるとプレハブ小屋のように簡素な造りの店内で、普通にライトアップされ、メニューも普通にカウンターに置かれていた。最初は店が変わったのかなと思いきや、井上氏がいたのですぐにこの店だと気づいた。

b0006909_047578.jpg


今回注文したのは、つけ麺大盛り(¥900)と写っていないが日の出食堂に来た際には必ず注文している、とろ肉ごはん(¥200)。つけ麺は以前は確かなかった一品だったので頼んでみた。
つけダレは、ここのラーメンと一緒で、あっさりとしたトンコツベース。麺も少し平べったい太麺で食べ応えがある重量感である。普通ライトなトンコツだと水っぽいだけで終わってしまう店が多い中、ここはあっさりの中に味の繊細さが表れて素材を最上級まで引っ張っているもので、井上氏がラーメンに懸ける情熱は並大抵ではないことが分かる。ただ、提供直前まで別鍋で熱しているので、多少ラーメンよりは香りが飛んでしまっているし、また麺を入れた時の麺の美味さも相殺されてしまっているのがもったいないと思った。とろ肉ごはんは以前通りゴロゴロとしたチャーシューの塊が3,4個ご飯に乗っていて、コストパフォーマンスは最高である。記憶違いかもしれないが今回は微量な香草風味が感じ取られた。しかし30分前に1杯食しているので、食欲増進には最適であった。

以前のように深夜まででなく、1日150杯限定で営業しているので閉店時間が定まってなく、また場所柄あまり用がなく最寄り駅からも1.5kmくらいある訪れにくい店ではあるが、隣客が食べているラーメンを見て、また来ようと心に決め、店を出た。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-20 00:45 | 麺's
2004年 08月 20日

麺処福吉@新高円寺

買い物しに高円寺に来たので、帰りは麺処福吉に寄ってみた。この店は新所沢にある「福吉」の暖簾分けの店。ラーメン用語での暖簾分けとは、修行者が自分の店を出す際に、修行先の店の名前を頂くことである。かの有名な大勝軒@北池袋の暖簾分けの店とか多いですよね。

b0006909_0462495.jpg


woodyな内装で、女性が好みそうな優しい色使いの店内。最近こういうお店が増えてきているが、私は賛成で、雰囲気も美味しいラーメンの判断材料に必要だと考えている。
注文したのは、特製磯玉らーめん+ごはんのセット(¥790)。底の浅いどんぶりだったので多少スープが少ない感もあるが、舌触りはさらさらなのに魚介の濃縮したこってりスープが麺に絡み合ったまま口に運ばれ、更に湯気と共に上がってくる香りが追随し、味覚と嗅覚に訴えてくる。

最近食べた中では、上位にランクインされた完成度高いラーメンだった。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-20 00:44 | 麺's
2004年 08月 17日

誇りを胸に、集う漢達

2003年2月22日、地元の何人かの結束により、FC不協和音を立ち上げた。今までは観戦専門だったが、何人かは経験者がいたし、遊び程度ではボールを蹴っていた事があっての決心だった。それから脱退・加入を繰り返し、最近はメンバーが定着してきている。
練習は最低週1回、試合は最低月1回のペースでこなしてきている。とは言っても、基礎的な練習などは一切なく、紅白戦だけの実践練習。こんなんでは上達もあまりない。しかし学生・社会人など入り混じったチームだけになかなか時間が合わず、練習にはみんなの顔合わせの名目も含まれているので、これでいいのか…なぁ!?

b0006909_2213380.jpg

                      裏学生サマーカップ@多摩スポーツスタジオ
試合後に撮影。撮影後コートで練習してる地元の人達がいたので試合を申し込み、足腰に利ていたにも関わらず1時間ほど球を蹴っていた


今月17日、多摩での大会に参加した(チームメイトの一人が就活で知り合った女の子が、この大会の開催関係者だったことで参加が決定した)。10チーム中5位という、中途半端な順位で終えた。まぁ今回は2時間もかけて遠征した大会は初めてで、アウェーの大会だったため、厳しさを知る上では上々な滑り出しだと思っている。

大会などで出会ったら声を掛けて下さいねっ!!
[PR]

by junyasilas | 2004-08-17 22:01 | Diary
2004年 08月 13日

空洞の日々が終わる

何か大きな目標を掲げて毎日を生きているというわけではない。だからといってダラダラと意味のない生活なんてしたくはない。こんな風に考えるが実行しないできた。ここにズレが生じる。思考と行動が一致しない。なぜだろう。ふと浮かんでは答えも出ずに消えていく疑問。

私を悩ます難題。空洞の日々が続く。

最初は少しでも楽になろうと答えを探していた。全体でなくても良かった。ただ答えの片鱗さえ理解できれば少しは鎮まるだろうと考えた。しかし、いくら片鱗を暴いても、毎日を送るたびに膨らんでいく疑問には追いつけなかった。

更に私を悩ます問題。空洞の日々が広がる。

同じ疑問に悩み続けるが、自分の納得いく答えが見つからない状態が長引いた。ついには自分が分からなくなる始末で、辿り着いたのは、果たして私は何処に立っているのだろうかという疑問だった。つまり、自分のこの生活の中での存在証明、アイデンティティを明確にすることだった。特にこの時期には西田幾多郎氏の著書を読み耽っていた。
自分を理解してくると難題なんてどうでもよくなった。どうでもよいというか、難題に対する直接的な解答は未だに分からないのだが、自分が一番面白い、これこそ一番必要な考えではないかと思い信じた。それからは存在意義を証明するために、何かをやる自分だと定義づける様にしてきた。例えば、勉強する自分、友達の中にいる自分、買い物をする自分、ロックを聴く自分、サッカーをする自分。こうすると自分の定義が決まっていき、役割も自ずと分かってくる。極度のネガティヴからポジティヴになるのも考えものかも知れないが、あってもいいではないだろうか。

自己を証明することで、空洞の日々が少しずつ埋まっていく。

そして更に定義づける。それは、このブログを綴る自分。ここでまたひとつ存在を証明するカテゴリーが生まれ、自分を成長させる。いや、周囲の人達が助長してくれているのかもしれない。確実なのは、これらを通して空洞が更に埋まっていく。
存在活動はこれからだ。色々な山場を迎えるだろう。それを乗り越えることによって私の成長は持続する。

空洞が埋まる日も近い。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-13 03:15 | Diary
2004年 08月 10日

或阿呆の一生に魅せられた或阿呆

以下の画は芥川龍之介の墓である。大量にベロナ―ルとジアールを摂取し、致死量に至ったため、惜しくも35歳で人生の幕を閉じた若き才能者である。

そう、あれは私が中学生の頃のこの暑い時期の出来事であった。読書感想文の課題に取り掛かっている時の事である。学校側からは指定図書に認定されている本の感想文を求められた。その他に、担任が国語の先生だったために、何でも良いからもう一冊読んで、その本の感想を課された事があった。
友達は、何でもいいなら昨日読んだ漫画にしようと豪く楽観的であったが、私の性格上、嫌な意味での几帳面さが現れて、もっと難い本を読まなくてはと、今思うとどうでも良かった事かもしれないが、一日中図書館内をグルグル回っていた事がある。

b0006909_5583180.jpg

墓碑は慈眼寺にあり、生垣に囲まれた中に50センチ四方の小松石には画家小穴隆一筆で「芥川龍之介墓」と陽刻され、墓石の頂きには芥川家の桐の家紋が浮き彫りされている。


しかし館内を回ったはものの、何の情報もなければ選び出す基準も決めていなかったので(というのか、自ら本を手に取り、読み始めるという作業には慣れていなかった…つまり図書館には年に4,5回行けば良いほうであるほどの本嫌いであった…)、どの本を読んでみればいいかなど到底選べる理由もなく、途方にくれて帰宅を余儀なくされた時に、一人の図書館員が私に声を掛けてくれ、一冊の本を紹介してくれた。

それが私と芥川との出会いであった。

ひとまずは多分幼心の私としては、彼の名前に興味を示したのであろう。そのように記憶している。今でも思うが、なんてかっこいい名前なんだぁ、と…。
もちろんもうひとつの課題には、芥川の「鼻」を題材にした感想文を提出し、付け加えであるが、良い評価を得た事も記憶している。
それ以降、文章不精であった私も、芥川作品だけは読みふけるという快挙に出た。すべて読んだわけではないが、世間一般的にマイナーな作品にも手を出した。

彼の作品を知っている人は大勢いるであろう。また彼の功績は、芥川賞として現在も生き続けている。最近では、金原ひとみ「蛇にピアス」、綿矢りさ「蹴りたい背中」が、マスコミを騒がせた事で印象深いだろう。もちろん時間があれば受賞作品を手に取り読んでいるが、芥川を読んでいる時の内心の緊迫感がないし、芥川作品のように本当に伝えたい言葉でしか表現しない核心に迫る文章であってほしい、贅肉をそぎ落とした芯のある文章であってほしいというのが感想である。(とは言ったものの、両作品の読書中は以外に熱中した…)

やはり私の中で、芥川の存在がどれだけ偉大であるかを実感する…。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-10 05:59 | Diary
2004年 08月 07日

WE8

昨日は WE8 の発売日であった。 WE とは Winning Eleven のことで、一番売れているサッカーゲームである。各コンテンツも前作よりも磨きがかかって楽しめるのはもちろん、動きがいやにリアルであったりと、サッカーを自宅でしているような錯覚になれるゲームなので、素人も玄人も楽しめるようにはなっている。
今回驚いたのが、契約ライセンスの圧倒的な膨大数である。イタリア、スペイン、オランダのサッカーリーグと契約したことで、多くの選手が実名で登場しているのだ。もちろん、顔もそっくりだし、ユニフォームも本物のイメージを使える。これらは私たちプレイヤーにとって、ゲームにのめり込めるための一番の必須条件であるのだ!!

しかし、ゲームが新しく発売されるたびに、私は説明書を読んでも理解できなくなっている…(こんな人、いませんか?特に今回のは難しいような気が…。まぁ、やっている内に分かってくるかなぁ)
[PR]

by junyasilas | 2004-08-07 00:57 | Diary
2004年 08月 06日

NIRVANA part.2

Nirvanaは私の奥底で死んではいなかった。Kurt のカートの音楽遺産相続権を巡る裁判がようやく解決し、新曲がベスト盤の1トラックとしてリリースされた。それと同時に、過去に注いだ情熱が眠りから覚め、火力を上げ始めたのだ。もちろん発売当初は1日中聞いていたし、過去リリースされたCDを掘り起こしては聞いて、それが懐かしくもあった。
しかし、私の中では過去の3枚のアルバムで彼らのアートは完成されていたので、ベスト盤が必要だったのかと疑問に思う。まぁ、販売側の意向は置いておくにしても、私はまだ聞いたことのない音源(特にライヴ音源)がたくさんある事を知った。

主にライブを観客が録音したものや、機材を使っての録音されたものがCD化されていて、ブートレグと呼ばれているものだった。

b0006909_123725.jpg


西新宿にそれらを揃える店が数多点在しているのだが、予想以上の音源がCD化されていて驚愕した。それはもう夢中になった。3枚の狭い範囲からしか得られなかった様々な情報が、目の前で一瞬にして広がっていった。たったひとつだけ、そう、彼の世界が少しでも理解できるようになるのだったら、もうそれでいいと思った。

もしかしたら、 Kurt はこれらのどこかに正解を残してくれているのかもしれない…。

時々、もしも彼の世界が分かってしまったらどうなってしまうのだろうかと怖くなった事がある。彼は様々な問題を抱え、それらの忍耐を自殺する事によって解放した。一人の人間を天国に導いた、彼独自の世界観を暴くことは本当によいのか…。

b0006909_2363346.jpg


Thanks Kurt, thanks Nirvana. Bleach your works!!
[PR]

by junyasilas | 2004-08-06 02:41 | Music