Jetloops International Ver.

jetloops.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 20日

日の出食堂@杉並区本天沼

昔TBSのガチンコ!という番組の一企画で、ラーメン道というのがあった。それに出場していた井上洋介氏のお店である。以前は深夜2時まで営業していて、行きやすかったのでよく訪れていた一店であった。最近ではこちらに用がなく、久しぶりの来店だったので期待に胸を膨らませた。
しかし店構えを見て俄然とした。以前はショットバーを思わせるほどに黒を基調にした大人なラーメン屋で、店内もブラックライトで大人しく照らされ、メニューもホワイトボードならぬブラックボードに蛍光ペンで書かれたものであったのに対し、現在はドアを開けるとプレハブ小屋のように簡素な造りの店内で、普通にライトアップされ、メニューも普通にカウンターに置かれていた。最初は店が変わったのかなと思いきや、井上氏がいたのですぐにこの店だと気づいた。

b0006909_047578.jpg


今回注文したのは、つけ麺大盛り(¥900)と写っていないが日の出食堂に来た際には必ず注文している、とろ肉ごはん(¥200)。つけ麺は以前は確かなかった一品だったので頼んでみた。
つけダレは、ここのラーメンと一緒で、あっさりとしたトンコツベース。麺も少し平べったい太麺で食べ応えがある重量感である。普通ライトなトンコツだと水っぽいだけで終わってしまう店が多い中、ここはあっさりの中に味の繊細さが表れて素材を最上級まで引っ張っているもので、井上氏がラーメンに懸ける情熱は並大抵ではないことが分かる。ただ、提供直前まで別鍋で熱しているので、多少ラーメンよりは香りが飛んでしまっているし、また麺を入れた時の麺の美味さも相殺されてしまっているのがもったいないと思った。とろ肉ごはんは以前通りゴロゴロとしたチャーシューの塊が3,4個ご飯に乗っていて、コストパフォーマンスは最高である。記憶違いかもしれないが今回は微量な香草風味が感じ取られた。しかし30分前に1杯食しているので、食欲増進には最適であった。

以前のように深夜まででなく、1日150杯限定で営業しているので閉店時間が定まってなく、また場所柄あまり用がなく最寄り駅からも1.5kmくらいある訪れにくい店ではあるが、隣客が食べているラーメンを見て、また来ようと心に決め、店を出た。
[PR]

by junyasilas | 2004-08-20 00:45 | 麺's


<< 麺食堂げんき@池袋      麺処福吉@新高円寺 >>